ABOUT kukkameri

私たち、kukkameri(クッカメリ)は2人組です。

ライター・編集者で、写真も担当している内山さつきと、イラストレーターで編集も手がける新谷麻佐子は、もともと友人で、仕事仲間だったのですが、共にフィンランドを旅するうちに、本を作ったり、展覧会を開催したりと、ユニット活動をするようになりました。

共に旅するようになったのは、ムーミンの作家トーベ・ヤンソンが夏の間暮らしていた島に、2014年夏、ジャーナリスト、イラストレーターとして1週間滞在したのがきっかけです。
以来、毎年一緒に、そして個々でもフィンランドに通っています。

2016年には、二人展「Vägen hem トーベ・ヤンソンの夏の記憶を追いかけて」を、東京・神楽坂のギャラリーondo kagurazakaで開催。それぞれzineも制作しました。
2018年に、初めての著書『とっておきのフィンランド』(ダイヤモンド社)を上梓。
自分たちの大好きなフィンランドの町、アーティストの家、四季折々の文化などをぎゅっと1冊に詰めこみました。

以降、フィンランドを代表するセラミックアーティスト、ルート・ブリュックの作品集『はじめまして、ルート・ブリュック』と展覧会図録『ルート・ブリュック:蝶の軌跡』(いずれもBlueSheep)の編集、2019年4月森アーツセンターギャラリーより立ち上がりの「ムーミン展」の構成と図録編集、『月刊MOE』(白泉社)のムーミン特集の編集・執筆など、フィンランドを軸に、北欧諸国と旅、アートや文学に関わる活動を続けています。

内山さつき
Satsuki Uchiyama

ライター、編集者として、旅、アート、文学、絵本などをテーマに、雑誌や書籍の執筆・編集、美術展の図録編集などの活動を行う。
トーベ・ヤンソンの小説をきっかけに、フィンランドの島と海、暮らしのあり方に深く惹かれ、取材を続けている。
旅先で心に響いた風景を写真に撮るのが好き。猫も好き。
www.instagram.com/satsuki_uchiyama/

新谷麻佐子
Asako Aratani

イラストレーター、編集者として、本づくり、ものづくりに幅広く関わる。
個展の際には、国内外のグラフィックデザイナーと、zine、カード、一筆箋、シールなど、オリジナルプロダクトも制作している。
暮らすように旅するのが好きで、行ってみたい国や町はたくさんあるけれど、ついつい足が向いてしまうのは、フィンランドのほかに、イギリスと台湾。
語学学習も好きで、英語に加え、2017年秋からはフィンランド語を勉強中。
www.asakoaratani.com
www.instagram.com/asakoaratani/

CONTACT

お問い合わせ、お仕事のご依頼などはこちらからどうぞ。